通販のストロングハートプラスの効果と投与法を知ろう!

ペットの画像 カルドメックチュアブルよりも手軽に手に入れられる魅力があるストロングハートプラス。

飼い主さんの都合のいいタイミングで購入できるので、無理をしなくても愛犬のフィラリア予防を続けていくことができます。

製薬会社が海外という点に不安を覚えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ストロングハートプラスを作っている会社は多くの医薬品を販売している信頼できる会社です。

実績も豊富で知名度も高く、怪しい会社ではないので安心して愛犬に投与することができます。

 

海外では他にもさまざまなフィラリア予防薬が作られていますが、ストロングハートプラスはその中でもかなり有名なものの1つです。

インターネットでもストロングハートプラスについて紹介しているサイトは多く、実際に使ってみている飼い主さんもどんどん増えています。

簡単に入手できて安心して投与できるのが大きな魅力ですが、その効果や投与法を知らないと愛犬の健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

海外製のものであっても日本製のものであっても、医薬品は効果と適切な投与法を守ってこそ本来の効果を発揮します。

どんな効果があるのか、投与法はどういったものなのか、基本的な情報を知らずに使うのは好ましくありません。

最悪の場合は副作用の引き金になってしまうため、通販でストロングハートプラスを購入するときは効果と投与法を確認しておくのがベストです。

ストロングハートプラスで安全にフィラリア予防をするためにも、効果と投与法はしっかりチェックしておきましょう。

 

ストロングハートプラスに含まれている成分は2つ

すでに軽くご説明しているとおり、ストロングハートプラスにはイベルメクチンとピランテルという成分が配合されています。

これらの成分は、カルドメックチュアブルにも使われている安全性の高いものです。

犬の体にほとんど悪影響を与えず、フィラリアの幼虫や回虫、鈎虫、鞭虫などの代表的な内部寄生虫を速やかに駆除するのが特徴です。

投与する回数も少ないので、何度も飲ませ直す必要がなく、投薬の負担やストレスを最小限に抑えながらフィラリア症や寄生虫を予防できます。

イベルメクチンの働き

ペットの画像配合されている有効成分のうち、フィラリアに効果を発揮するのがイベルメクチンです。

イベルメクチンには、フィラリアをはじめとした線虫類の神経に影響を与える作用があります。

神経や筋細胞にある、神経伝達物質の通り道に結びついて正常な神経伝達が行われないように阻害します。

これによってフィラリアの体には麻痺が引き起こされ、心臓に寄生する前に駆除します。

この効果は速やかに発揮されますが、イベルメクチンで駆除できるのはフィラリアの幼虫だけで、成虫にはあまり効果的ではありません。

フィラリアの成虫にはまた違った駆除薬を使わないといけないので、フィラリアの成虫に寄生されている犬に使用するのは避けましょう。

ピランテルの働き

もう1つの有効成分であるピランテルは、すでに何度か触れているように内部寄生虫に効果を発揮します。

回虫や鈎虫、鞭虫といった寄生虫の神経中枢に作用するのが特徴で、神経中枢が正常な働きができないように阻害します。

すると、これらの寄生虫の筋肉が持続して興奮した状態になり、痙攣性麻痺へと繋がります。

腸壁に引っかかったり噛み付いたりして自分の体を固定することもできなくなるため、寄生した箇所から引き剥がされて体外へと排出されます。

このような効果によって愛犬の体内をクリーンな状態へと導き、回虫や鈎虫、鞭虫の寄生によって引き起こされていた症状を改善します。

 

通販で買う前にストロングハートプラスの投与法を確認しよう

ストロングハートプラスは、イベルメクチンとピランテルの相乗効果によってフィラリア予防と内部寄生虫予防の効果を得られます。

愛犬の体にはほとんど悪影響を与えずに、フィラリアと内部寄生虫だけを駆除できるのは多くの飼い主さんにとって非常に魅力的な点だと思います。

しかし、この効果は適切な投与法を守らないと得ることができず、不適切な方法で投与すると愛犬の体に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

 

ストロングハートプラスは、ほかのフィラリア予防薬と同様に月に1回のペースで投与します。

1回あたりの投与量は1錠で、おやつを与えるときと同じように食べさせるだけで投与が完了します。

無理に口を開けさせて薬を飲ませたりする必要もないので、はじめてフィラリア予防をする飼い主さんでも簡単に使えます。

予防効果は1ヶ月で途切れてしまうため、毎月同じ日付に投与して効果の切れ目ができてしまわないよう注意しましょう。

継続して投与を続けなくてはいけない期間は地域によって変化するので、お住まいの地域に合わせて投与期間を調節してください。

投与するときはよく噛んで食べさせよう

ストロングハートプラスは、愛犬が錠剤をしっかりよく噛んで食べることで有効成分が吸収されやすくなるように作られています。

あまりよく噛まずに飲み込んでしまったり、そのまま丸呑みしたりしてしまうと、有効成分の吸収が遅れて十分な予防効果が発揮されなくなる可能性があります。

そのため、ストロングハートプラスを投与するときは愛犬がストロングハートプラスの錠剤をしっかり噛んでから飲み込むように工夫しましょう。

 

普段から丸呑みしてしまいがちな犬に投与する場合、先にストロングハートプラスを細かくしてから与えましょう。

ストロングハートプラスは、そもそも噛み砕くことで効果が発揮されるように作られているので、事前に細かく砕いても効果に影響は出ません。

よく噛み砕いて飲み込んだときと同じ状態にできるので、ストロングハートプラスの効果を十分に得られます。

錠剤を喉に詰まらせてしまう心配もなくなるため、より安全かつ確実にストロングハートプラスを投与できます。

もしも吐き出してしまった場合は?

はじめてストロングハートプラスを投与した場合、副作用で吐いてしまうことがあります。

ストロングハートプラスを投与したあとに愛犬が吐き出してしまった場合、状況によっては再投与の必要性が出てきます。

投与してから1時間以上経過したあとに吐いてしまったのであれば、再投与を行う必要はありません。

しかし、投与して1時間以内に吐いてしまったときは、まだ有効成分が体内に吸収されていない可能性があります。

体内に潜んでいるフィラリアや内部寄生虫を十分に駆除できていないので、かかりつけの獣医師へご相談のうえ、再投与をしてください。

 

再投与をする場合、副作用があらわれたその日に行うのは避けましょう。

吐いてしまった日は愛犬を安静にして過ごさせ、2~3日ほど時間を置いてからもう一度1錠を経口投与します。

それでももう一度吐いてしまった場合、愛犬の体にストロングハートプラスが合っていないかもしれないため、違うフィラリア予防薬の使用も検討しましょう。

 

通販で買えるストロングハートプラスは効果と投与法の両方を知って使おう

ペットの画像ストロングハートプラスは、日本国内では取り扱われていない海外製のフィラリア予防薬です。

有効成分にはイベルメクチンとピランテルが使われており、フィラリアと一緒に回虫や鈎虫、鞭虫などの内部寄生虫も駆除できるようになっています。

月に1回、1錠を同じ日付におやつのような感覚で食べさせるだけで投与が完了するため、投薬時に手間を感じることがありません。

しかし、よく噛んで食べさせないと有効成分が上手く吸収されなくなり、上手く効果が発揮されなくなってしまいます。

あまりよく噛まずに飲み込んでしまう癖がある犬には、先にストロングハートプラスを細かくしてから与えるようにしましょう。

また、はじめて投与したときは副作用で吐いてしまうこともあるので、吐いてしまった場合は投与してからどれくらいの時間が経っているかに合わせて適切な対処を行ってください。

 

何度か触れているように、ストロングハートプラスは日本国内では手に入れることのできない予防薬です。

安全に使える成分が使われていますが、間違った方法で使うと安全性が損なわれてしまうため、飼い主さんが正しい知識をもって使わなくてはなりません。

ストロングハートプラスが発揮する効果と適切な投与法をきちんと知ったうえで、通販を利用して手に入れましょう。

Uncategorized
フィラリア予防薬なら通販で買えるストロングハートプラス | お得なフィラリア予防を推進し隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました