通販のストロングハートプラスを使うときは自己責任になる

ペットの画像 動物病院へ行く時間を確保せずに、ストロングハートプラスを手に入れられる個人輸入代行の通販。

通院という手間を省いてフィラリア予防薬を手に入れられるのは大きな魅力ですが、動物病院を利用しないからこそ発生するデメリットもあります。

そういったデメリットのうち、特に注意したいのが「通販のストロングハートプラスを使うのは飼い主さんの自己責任になる」という点です。

これは、個人輸入代行の通販で購入した医薬品を使うときに共通している注意点でもあります。

 

動物病院でフィラリア予防薬を処方してもらう場合、獣医師が診察をしてから使用する予防薬を決めます。

獣医師が判断してからフィラリア予防薬を処方するため、そのフィラリア予防薬で愛犬に何かあった場合は獣医師に責任をとってもらうことができるといえます。

しかし、通販では獣医師の判断なく、飼い主さんが自分の判断でフィラリア予防薬を購入するため、獣医師が関わってくることがありません。

そのため、通販で購入したフィラリア予防薬を投与して愛犬に何かあっても飼い主さんの自己責任ということになり、獣医師に責任をとってもらうことができません。

 

このような注意点があるため、通販で購入したストロングハートプラスを投与するときは副作用に注意しましょう。

副作用があらわれないように投与することで、愛犬の健康に悪影響を与えることなくストロングハートプラスの効果を得ることができます。

何かあっても自己責任になってしまうからこそ、ストロングハートプラスの副作用にはどのようなものがあるのかを確認して安全に使用しましょう。

 

ストロングハートプラスで報告されている副作用は?

ペットの画像どのようなフィラリア予防薬でも、副作用は効果と一緒に必ずついてくるものです。

副作用がある薬は安全に使えないと考えてしまっている方もいらっしゃいますが、そもそも副作用は薬の効果にともなって起きる別の反応です。

効果と副作用は必ずセットになっていて、副作用が絶対にない薬は存在していません。

ストロングハートプラスも例外ではなく、効果の裏に副作用がついているため、投与する際は注意する必要があります。

ストロングハートプラスの副作用は少なく作られているので必ずあらわれるわけではありませんが、十分気をつけましょう。

ストロングハートプラスで多く報告されている副作用

ストロングハートプラスの副作用のうち、よく報告されているのが嘔吐や吐き気です。

これらの症状は、ストロングハートプラスをはじめて投与したときにあらわれる可能性が高い症状です。

体がストロングハートプラスの成分に慣れていないがために、異物だと勘違いして吐いてしまうため、体が成分に慣れたら落ち着いてくる可能性があります。

また、食欲不振や下痢といった消化器系の症状や元気消失、痙攣などの症状があらわれることもあります。

めまいや無気力、瞳孔散大、運動失調、少々変わった症状では唾液分泌過多やよろめきといった症状も報告されています。

通販で購入したストロングハートプラスを投与したあとは、これらの症状があらわれていないかをしっかり観察し、愛犬を安静にさせてください。

重い副作用も報告されているので注意

ストロングハートプラスで主に報告されている副作用は、どれも軽度なものです。

しかし、軽度なものだけでなく重い副作用も報告されており、場合によっては重い症状があらわれてしまうこともあります。

軽い副作用だけを確認して重い副作用は確認せずにいると、実際に重い副作用があらわれてしまったときに過度に慌てて冷静な判断ができなくなってしまうおそれがあります。

そのため、軽い副作用だけでなくストロングハートプラスの重い副作用も確認しておくのは重要です。

 

ストロングハートプラスで確認された重い副作用のうち、主なものはショック症状です。

フィラリア症を発症し、心臓や肺動脈にフィラリアの成虫が寄生している犬に投与することによって引き起こされます。

すでにフィラリア症にかかっている犬は、体内に大量のフィラリアの幼虫が潜んでいる状態になっています。

そのような状態でストロングハートプラスを投与すると、体内で大量のフィラリアの幼虫が一度に死滅し、ショック症状を引き起こしてしまいます。

また、死滅したフィラリアの幼虫が血管に詰まってしまう可能性も考えられるため、大変危険です。

最悪の場合は愛犬の命にも関わるため、フィラリア症にかかっていないことを明らかにしてからストロングハートプラスを投与しましょう。

 

また、ショック症状以外ではアナフィラキシーショックも報告されています。

この症状は、ストロングハートプラスに限らずどのような薬でも起きてしまう可能性がある症状です。

配合されている成分に対してアレルギーを持っていた場合に引き起こされ、多くの場合、アレルゲンとなる成分と接触してから30分後以内に発症します。

ストロングハートプラスを投与して30分後以内に、蕁麻疹をはじめとした皮膚の変化やふらつき、呼吸の異常、目や唇、顔などの腫れ、嘔吐などの症状がみられたらアナフィラキシーショックが起きている可能性が高いです。

重症化すると呼吸困難や意識障害に繋がり、愛犬の命にも関わってくるため、このような症状がみられたときは速やかに動物病院で診察を受けましょう。

 

通販のストロングハートプラスを副作用なく使うために

ストロングハートプラスで報告されている副作用には、さまざまなものがあります。

ほとんどの場合は軽い症状があらわれますが、使い方を間違えてしまうと重い症状があらわれてしまうこともあります。

重い副作用を過度に怖がる必要はありませんが、絶対に重い副作用が引き起こされないというわけでもありません。

そのため、ストロングハートプラスでフィラリア予防をするときは副作用が起きないよう気をつけて投与するのが一番です。

用法用量を守って投与しよう

ストロングハートプラスを安全に使う方法のうち、基本的なのが「用法用量を厳守すること」です。

月に1回、同じ日付に1錠を経口投与するというように決められているため、これを厳守すると副作用が起きる心配が少なくなります。

用法用量を厳守せず、規定よりも多い量を投与すると、体内で有効成分の量が過剰になって副作用が起きる可能性が高くなってしまいます。

また、愛犬の体にも過度な負担をかけてしまうため、用法用量を無視してストロングハートプラスを投与するのは絶対に避けましょう。

長期的な飲ませ忘れが発生しないようにしよう

重い副作用を防ぐために、ストロングハートプラスの飲ませ忘れが起きないようにするのも大切です。

他のフィラリア予防薬と同じように、ストロングハートプラスは1ヶ月の間隔で投与しなくてはならないため、同じ日付に投与するよう決められています。

このペースを守ることでフィラリア症をしっかり予防できますが、飲ませ忘れが起きると予防効果が半減してしまいます。

さらに、最後に投与してから長い時間が空いてしまうと、その間にフィラリアに感染し、重い副作用が引き起こされやすくなってしまうおそれもあります。

カレンダーの投薬予定日に印をつけたり、フィラリア予防薬の投薬予定日を教えてくれるアプリを利用したりして、長期的な飲ませ忘れが起きないように気をつけましょう。

 

自己責任になるからこそ通販のストロングハートプラスを安全に使おう

ペットの画像ストロングハートプラスは、動物病院に行かなくても通販を利用すればいつでも好きなときに購入できます。

しかし、通販だと獣医師の診察なしにフィラリア予防薬を手に入れることになるため、投与して愛犬に何かあっても飼い主さんの自己責任になってしまいます。

そのようなデメリットがあるからこそ、通販のストロングハートプラスを愛犬に投与するときは副作用についてしっかり知っておく必要があります。

ストロングハートプラスで報告されている副作用のうち、多くは嘔吐や吐き気といった軽い症状ですが、場合によっては重い症状があらわれることもあるので注意しましょう。

何かあっても飼い主さんの自己責任になるからこそ、通販のストロングハートプラスにはどのような副作用があるのかを頭に入れて安全に使えるようにしましょう。

Uncategorized
フィラリア予防薬なら通販で買えるストロングハートプラス | お得なフィラリア予防を推進し隊

コメント

タイトルとURLをコピーしました